Wedsスポーツ17AW クスコ車高調を装着したアコードユーロR(CL7)の納車前点検整備を行いました

アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)の栗原です。今回はWedsスポーツ17AW クスコ車高調を装着したアコードユーロR(CL7)の納車前点検整備を行いました。担当メカニックはワタナベです。

アコードユーロR(CL7)納車前点検

まず最初にエンジンルーム内の点検をしていきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備バッテリーの健全性を点検しましたが特に問題なく良好な状態でした。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備健全性が低くなっていくとしっかり充電されなくなったり、本来の電力を発揮出来無くなり走行に支障をきたす場合があります。バッテリーの交換時期は使用状況によりますが3〜5年のサイクルで交換することをおススメいたします。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 エアフィルターの点検を行います。社外品が装着されていました。特に汚れもなくキレイな状態でした。汚れで目詰まりを起こすと燃費悪化やエンジン本来の性能を発揮できなくなります。定期的にケースを開けて目視で確認してみましょう。写真を取り忘れてしまいましたが、インテークホースの点検も行いました。こちらも問題ありませんでした。インテークホースは経年劣化で蛇腹部分に亀裂が入ると、そこからエアフィルターを通さない空気を吸ってしまいエンジン不調に繋がる可能性があります。定期的な点検をおススメいたします。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備次に冷却系廻りを点検していきます。ラジエーター本体およびラジエーターホースに漏れなど損傷はありませんでした。経年劣化していくと亀裂が入りそこから冷却水が漏れてしまいエンジンがオーバーヒートを起こす可能性があります。定期的な点検をおススメいたします。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備続いて補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタが無いかを点検していきます。問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとバッテリー充電が出来なくなり最悪エンジンが停止する恐れがあります。定期的な点検をおススメいたします。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備続いてプラグの点検を行いました。4本とも特に問題ありませんでした。先端の部分がひどく汚れてしまうとエンジンが掛かりづらくなったり、走行中に失火が起こり故障の原因となります。エンジンが掛かりづらくなるなどの症状が出た場合は当店にご相談ください。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備続いてリフトアップして足廻りをチェックしていきます。まず最初にタイヤを縦横に揺らしてハブベアリングとボールジョイントのガタがないかチェックを行います。特に問題ありませんでした。走行中に異音やハンドルのガタつきなどを感じた場合は当店へお早めにご相談下さい。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備リフトアップして下廻りをチェックしていきます。特に目立つようなキズやサビはありませんでした。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ブレーキ廻りの点検をしていきます。まずブレーキキャリパーシールの状態やキャリパーピストンを確認していきます。特に問題ありませんでした。  アコードユーロR(CL7)納車前点検整備キャリパーシールが劣化することでピストン内に水分が侵入することでサビが発生します。それをそのまま放置しているとキャリパーの動きを阻害されてしまい、ブレーキの引きずり症状や固着を引き起こしてしまう可能性があります。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ブレーキパッドの残量をチェックしていきます。フロント9mm・リア5mmでした。まだしばらくは交換しなくても大丈夫ですね。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ブッシュ・ブーツをチェックしていきます。ブッシュ・ブーツにヒビが入ってしまいそのままにしておくとそこからグリスが漏れ出したり、異物が侵入して足廻りの機能に支障をきたすだけではなく、車検を通過できなくなってしまいます。またそれ以外にもダンパーのオイル漏れがないかを点検していきます。 ダンパーはクスコ製が装着されています。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備チェックしたところ、フロントのナックルロアアームブーツにヒビが見つかりましたので後ほど交換させていただきました。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

アコードユーロR(CL7)の油脂類交換

HMR HONDAでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッションオイル、クーラント液など(お車のコンディションによって交換項目が変わる場合もあります)を新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていれば納車してすぐのドライブも安心して楽しめますね。まずエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却を行います。エンジンオイルは使用状況によりますが半年または5,000kmでの交換をおススメいたします。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備オイルフィルターも交換していきます。交換のタイミングはオイル交換2回ごとが目安です。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ミッションオイルも抜いていきます。ミッションオイルが劣化していくとギアの入りが悪くなったり、最悪ミッションのギアを痛めてしまいミッションブローに繋がります。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備クーラント液を抜いていきます。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備新しいミッションオイルを入れていきます。ミッションオイルはホンダ純正のMTF-3を使用しています。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備エンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油 10W-40を使用しています。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ラジエタークーラント液も入れていきます。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備次にブレーキフルードを交換しました。フルードはDOT4を使用しています。交換タイミングは、車検毎をおススメしております。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備タイヤ溝の残量をチェックしていきます。フロント3mm・リア4mmでした。まだ交換しなくても大丈夫ではありますが、向こう1年以内でのタイヤ交換のご検討をおススメします。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備スペアタイヤを含む各タイヤの空気圧チェックをしています。タイヤのエアはゆっくり少しずつ抜けていきます。ガソリンスタンドで簡単に入れられますので1ヶ月に1度のチェックをおススメいたします。  アコードユーロR(CL7)納車前点検整備サンフレアは有効期限が切れていても車載されていれば車検は問題ありません。但しいざとなった時に使えるとは限りませんのでHMRでは有効期限が切れたものは交換させていただいております。 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備エアコンフィルターを交換していきます。エアコンフィルターは取り込んだ外気に含まれるチリやゴミを受け止めてくれます。交換せずに使用を続けていくとエアコンの性能が発揮できないだけでなく、車内の不快な匂いの原因に繋がってしまいます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備取り出してみるとかなり汚れが目立っていましたので交換させていただきました。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備新品を並べると一目瞭然ですね。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備リモコンキーの電池を交換させていただきました。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ワイパーブレードゴムが切れていましたので交換させていただきました。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

アコードユーロR(CL7)の部品交換作業〜クラッチ編〜

ご用命いただいたクラッチ一式と定番のFD2用フライホイールを交換するのでサブフレームを降ろしていきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備大作業ですが、購入時に一式リフレッシュしてしまえばCL7はトラブル少ない車種なのでより安心して快適にドライブができますのでおススメです。この時に左右のドライブシャフトも取り外していきます。この時に取り外した部品の状態もチェックします。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ミッションケースをジャッキで支えて降ろしていきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備クラッチカバー、クラッチディスクを取り外していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備クラッチを取り外していくとフライホイールに。こちらも取り外していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備フライホイールを取り外すとクランクケースのオイルシールにアクセスできるようになります。ここは劣化するとオイル漏れが発生します。クラッチ交換の際はオイル漏れが起こっていなくても同時交換していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備フライホイールはシビックタイプR(FD2)用に交換します。見た目でもわかるように軽量化されており、より鋭い吹け上がりが期待できます。取り外されたフライホイールの表面は、焼けてしまっています。クラッチが摩耗したことで滑ったまま、あるいは半クラッチを不必要に使い続けるとフライホイールも高温になって焼けてしまいます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備写真右が交換する新しいクラッチディスクとディスクカバーです。ディスクカバーの表面は、クラッチディスクが摩耗したことで波打ってしまっています。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備取り外されたクラッチディスクは、溝は確認できますがかなり摩耗しているのがわかると思います。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備クランクオイルシールを交換していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備あとはフライホイール、クラッチディスク、カバーと逆の手順で組み付けていきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備次にミッションカバー側の部品交換に移っていきます。カバー内側はススで真っ黒ですのでキレイにしておきます。写真はレリーズベアリングを取り外しています、奥はレリーズフォークです。これらを交換していきます。レリーズ系は消耗すると異音が発生したり、クラッチペダルをしっかり踏んでいるにもかかわらずクラッチが完全に切れなくなる症状が発生します。年式的にクラッチ交換と同時に交換するのをおススメします。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備写真上半分が交換品です。四角いブーツはレリーズフォークのブーツです。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ドライブシャフトの左右のオイルシールも交換していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

アコードユーロR(CL7)の部品交換作業〜マウント編〜

年式的にエンジン・ミッションといった重量物を支えるゴムマウントも交換していきます。これらが劣化するとエンジン・ミッションが発する振動を吸収できなくなり、シフト操作はしづらくなるなどの症状が発生します。マウント交換も部品そのものは安価であるものの、大作業となりますので、購入時やクラッチ系の交換時にリフレッシュをしておきたい箇所です。下の写真は交換品アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備こちらはミッションのアッパーマウントゴムです。右が交換品です。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備こちらはエンジンマウントのリアマウントゴムです。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備汚れや錆以外は特にヘタっているようにみえないですが、年式的にまだ症状がはっきりと出る前にリフレッシュしてしまうのがおススメです!アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備エンジンマウントのフロント側も交換していきます。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備ミッション前後のロアーブッシュを交換します。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備エンジンマウントのサイドのマウントゴムも交換します。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

アコードユーロR(CL7)の部品交換作業〜足回りetc編〜

次に足回りの左右フロントナックルロアアームのブーツを交換します。写真中央がブーツですが、右側から黄色いグリスがブーツ中心から漏れ出しているのがわかると思います。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備取り外してみるとぱっくりと割れていました・・・アコードユーロR(CL7)納車前点検整備右が交換ブーツです。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備こちらはエンジンの冷却系の部品交換です。クーラント液は、サーモスタットという弁で一定の温度以上で開閉してエンジン内部を循環をし冷却していきます。サーキットなど高負荷走行になるとエンジン温度は通常より上がりやすくオーバーヒートのリスクも高まるのでそのサーモスタットを低い温度で開閉できるローテンプサーモという部品があります。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備今回、ホンダ車チューニングで定評のあるJ’s Racing製のローテンプサーモに交換しました。アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備 アコードユーロR(CL7)納車前点検整備

写真を撮り忘れたのですが既存ナビの撤去に併せてカロッツェリアオーディオの取付を行わせていただきました。以上で作業は終了となります。O様、この度はアコードユーロRご契約いただきありがとうございました。自然吸気VTECをお楽しみください。あとJ’Sレーシングマフラー&エキマニは納期が長いため、来年に交換となりますが気長にお待ちください。

アコードユーロRの買取相場はこちら

アコードユーロRの中古車一覧はこちら

アコードユーロR中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA店舗画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-568-1388 FAX:042-568-1389
contact@hm-r.co.jp
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原11-5

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)一般整備ブログ
  2. RASY ZE40 NSX(NA1)
  3. S2000 AP1
  4. シビックタイプR(FD2)納車前点検整備
  5. S2000(AP1)納車前点検整備
PAGE TOP