サーキットの横Gでも安心。S2000(AP1)のTODAレーシング製アンチGフォースオイルパンの取付作業を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)の栗原です。今回はジムカーナやサーキット走行を楽しんでいるS2000(AP1)をお乗りになっているお客様からパーツ持ち込みでTODAレーシング製アンチGフォースオイルパンへの交換作業とオイルフィルター交換を行いました。ハイスピードだったり加減速が激しいサーキット走行では、エンジンオイルを循環させ溜めるオイルパン内に強いGがかかってオイルが偏ってしまい油圧が低下したり、空気が混入したりエンジントラブルに繋がる恐れがあります。レース向けのパーツを数多く開発販売しているTODAレーシングの「アンチGフォースオイルパン」は、そういった問題を解消したパーツになります。

S2000(AP1)オイルパン交換作業

まずリフトアップしていきます。 エンジンオイルを抜いていきます。 作業の妨げになるのでエアコンコンプレッサーなどを取り外していきます。 オイルパンの各ボルトを取り外していきます。絶対に漏れてはいけない箇所なのでボルトだけでこれだけたくさんあります。
ボルト全て取り外したらコーキングを慎重に剥がしていきます。取り外した純正のオイルパンです。ボルト留めされているバッフルプレートが、サーキット走行時など強いGが掛かった時のエンジンオイルの偏りを防ぎ、油圧低下、エンジンオイルのエア混入を防いでくれます。別の特徴としては、予め油温計のセンサーを挿入する穴が用意されています。純正だと取付店で加工しなければいけないのでとても有り難いですね。レーザー刻印されているTODAレーシングのロゴがとてもカッコいいです!取り付け前にしっかりとコーキング材を塗布します。ズレないように慎重に装着していきます。そしてボルトでしっかりと固定してオイルパンの交換作業は以上となります。

S2000(AP1)オイルフィルター交換作業

通常オイルフィルターというとオイル交換(2回ごと)に新しいものに交換してしまいます。古いのは破棄してしまうという当たり前なことですね。しかし近年、繰り返し使用できるオイルフィルターが話題となっています。それがK&Pエンジニアリング製の「ステンレスマイクロニック・オイルフィルター」です。洗浄することで半永久的に使用可能ということです。オイルまみれのオイルフィルターを廃棄するのは、ちょっと面倒です。紙・金属・廃油など複数の材質から形成されており、可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみなどとして直接廃棄ができないので、お住いの自治体かカー用品店かディーラーに処分をお願いしなければならないのです。自分でオイル交換をする方であるならおススメできるパーツかもしれないですね。アルミ削り出しなので取付するとちょっとしたドレスアップになりますね。以上で作業は完了となります。これでスポーツ走行をより安心して楽しめるようになりました。K様、この度は作業のご依頼ありがとうございました。

今回の作業費用ですが、パーツは全てお客様のお持込でしたので
・オイルパン交換工賃:18,900円
・オイルフィルター交換工賃:900円
合計税込で21,780円でした。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA店舗画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-568-1388 FAX:042-568-1389
contact@hm-r.co.jp
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原11-5

関連記事一覧

  1. S2000(AP1) ブレーキキャリパーOH
  2. アコードユーロR(CL7) シャーシリフレッシュ
  3. S2000 ガラス幌交換作業画像
  4. インテグラTypeR(DC5)スプールバルブP/K交換
  5. S2000ミッション修理
PAGE TOP