HKSマフラーを装着したアコードユーロR(CL7)の納車前点検整備を行いました

アコード(CL7)納車前点検整備

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)の栗原です。今回はホンダのスポーツセダン アコード・ユーロR(CL7)の納車前点検整備を行いました。シビックタイプR(FD2)と比べて、アコード・ユーロRはお値段はリーズナブルで快適性と静粛性が高く、VTECエンジンの気持ち良さを味わうにはおススメの1台ですね。作業はメカニックのムラシタです。

アコードユーロR(CL7)納車前点検

まず最初にエンジンルームからチェックします。アコード(CL7)納車前点検整備バッテリーの健全性をチェックしました。健全性とは健康状態を示します。健全性が低くなっていくとしっかり充電されなくなったり、本来の電力を発揮出来無くなって走行に支障をきたす場合があります。今回は良好な状態でした。バッテリーの交換時期は使用状況によりますが3〜5年のサイクルで交換することをおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備次にインテークホースをチェックしました。亀裂や破損などは無く良好な状態です。インテークホースに亀裂や破損が起きるとエアフィルターを通さない空気がエンジンに送り込まれてしまいエンジン不調の原因となります。定期的な点検をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備こちらはエンジンに取り入れる空気に混じっているチリやゴミを取り除くエアフィルターになります。きれいな状態で問題ありませんでした。汚れがひどくなると吸気効率が落ちてしまいパワーダウンに繋がってしまいます。定期的な点検を行い汚れが目立つ様になれば定期的な交換をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備続いて水廻りの点検をしていきます。ラジエターホースに亀裂やクーラント漏れはありません。ラジエター本体からもクーラント液の漏れ跡も見受けられませんでした。クーラント液はエンジン本体を冷却する役目を担ってます。走行中に甘い匂いを感じたらクーラント液の漏れ発生している可能性があります。漏れがなくてもクーラント液は自然蒸発していきます。定期的な点検と交換・補充をおススメいたします。(ラジエターホースの写真を撮影し忘れました。)アコード(CL7)納車前点検整備補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタのチェックをしていきます。点検を行いましたが問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなるだけではなく、バッテリー充電が出来なくなりエンジンが停止してしまいます。エンジンが掛かっていない、冷感時にベルトを指で押してユルそうな感じがあれば当店にて点検をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備続いてプラグを外して状態を確認しました。特に焼け具合などに問題ありませんでした。アコード(CL7)納車前点検整備続いてリフトアップして足廻りをチェックしていきます。まず最初にハブベアリングとボールジョイントのガタが無いかチェック行いましたが問題ありませんでした。消耗や破損があると走行中に異音やハンドルのガタつきや最悪ベアリングが焼け付いて走行不能に陥ることもあります。定期的な点検をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備続いて下廻りをチェックしていきます。走行に支障はございませんが全体的にサビがあります。サビが進んでいくと足廻りやフレームに亀裂が発生したり、マフラーですと排気漏れが起こる場合もあります。次回点検時にはアームやメンバー類にサビ止めの散布をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備次にブレーキ廻りをチェックしていきます。ブレーキキャリパーシールの状態やキャリパーピストンの動きに問題はありませんでした。キャリパ―ピストンにサビが出ているので今後キャリパーオーバーホールをご検討ください。運転中に小さな違和感でも感じられましたら当店での点検をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備 続いてブレーキパッドの残量のチェックを行いました。フロント10mm・リア7mmでした。まだまだしばらくは交換しなくても大丈夫ですね。一般的にブレーキパッドの交換の目安は3mm程度です。定期的な点検をおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備続いて足廻り周辺のブッシュやブーツの点検をしていきます。サスペンションのブッシュに劣化が確認できました。ブッシュが劣化しますと乗り心地やハンドリングに悪影響があります。今すぐに走行に支障はございませんがお早めの交換をおススメいたしました。アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備

アコードユーロR(CL7)の油脂類交換

HMR HONDAでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッションオイル、クーラントを新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていれば納車してすぐのドライブも安心して楽しめますね。まずエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却を行います。エンジンオイルは使用状況によりますが半年または5,000kmでの交換をおススメいたします。(写真はございませんが、クーラント液も抜いていきます)アコード(CL7)納車前点検整備 次にミッションオイルを抜いていきます。ミッションオイルが劣化していくとギアの入りが悪くなったり、燃費悪化つながります。そのまま交換しないで走行していると最悪ギアの破損につながる場合もあります。エンジンオイル交換2回に1回のサイクルで交換することをおススメいたします。アコード(CL7)納車前点検整備エンジンオイルを入れていきます。エンジオイルはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油 10W-40を使用しています。同時にオイルフィルターも交換させていただきました。アコード(CL7)納車前点検整備 ミッションオイルを注入していきます。ミッションオイルはホンダ純正MTF-Ⅲを使用します。アコード(CL7)納車前点検整備 アコード(CL7)納車前点検整備ブレーキフルードも交換していきます。フルードはDOT4を使用しています。 アコード(CL7)納車前点検整備タイヤ溝の残量をチェックしていきます。フロント3mm・リア4mmでした。交換時期がやや近いですので、お早めの交換をおススメします。同時に適正な空気圧に調整していきます。同時にスペアタイヤの空気圧のチェックも行いました。アコード(CL7)納車前点検整備故障または事故でやむを得ず道路上でクルマを停車した場合に後続車に注意を促す発火筒ですが、有効期限が切れていたので交換します。発火筒は有効期限が切れていても車載されていれば車検は問題ありません。但しいざとなった時に使えるとは限りませんのでHMRでは有効期限が切れた物は交換させていただいております。アコード(CL7)納車前点検整備次にエアコンフィルターも交換させていただきました。エアコンフィルターに汚れやゴミなどが溜まってしまうと車内のニオイの原因となります。定期的な点検と交換をおススメいたします。 アコード(CL7)納車前点検整備左がそれまで装着されていたエアコンフィルターと右が新品エアコンフィルターです。アコード(CL7)納車前点検整備点検時に動かなかったドアロックですが、原因はドアロックアクチュエーターの不良でした。ドアロックのアクチュエーター交換を交換していきます。動かなくなったアクチュエーターを取り外します。新旧のドアロックアクチュエーターです。

写真はございませんが、左ブレーキランプが切れていたので交換、ハンドルのセンターの調整を行い作業は以上となります。Y様、この度はアコードユーロRご契約いただきありがとうございました。これから涼しくなってきてドライブの季節となりますので安全に楽しんでください。

アコードユーロRの買取相場はこちら

アコードユーロRの中古車一覧はこちら

アコードユーロR中古車一覧

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA店舗画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-568-1388 FAX:042-568-1389
contact@hm-r.co.jp
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原11-5

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
  2. インテグラタイプR(DC5)点検整備画像
  3. s2000(AP1)幌交換
  4. シビック(EG6)エンジンオイルパンパッキン交換画像
PAGE TOP