デモカーS2000のインジェクター交換をしてアクセルレスポンスが良くなりました

S2000インジェクター交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。デモカーS2000 1号機の燃料系トラブルで前回燃料ポンプとメインリレーの交換をしました。それに続いて燃料系リフレッシュということでインジェクターも新品に交換することにしました。インジェクター絡みでのトラブルというのはS2000はじめホンダスポーツカーではあまり聞いたことがないです。なのでそんなに意識する必要はないですが、部品が出るうちにリフレッシュしておこうということで、今回交換することにしました。S2000インジェクター交換

デモカーS2000 インジェクター交換

こちらが新品のインジェクターです。パッキン含めてリフレッシュです。S2000インジェクター交換それでは交換作業に入ります。作業はメカニックのムラマツです。インジェクターはフューエルパイプに装着されているので、こちらを取り外していきます。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換画像は作業を開始していますが、インジェクターの交換前に必ずバッテリーのマイナス端子を抜いてクルマ全体の電源をOFFにしておきます。そして、燃圧も抜いてから作業するのが火災防止として必須な作業です。

こちらは燃料レギュレーターです。こちらも取り外しますS2000インジェクター交換続いて、パルセーションダンパーを取り外します。この部品は燃料が波打って噴射されるのを綺麗に整える役割をしているパーツです。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換ここまで取り外したらフューエルデリバリーパイプを取り外します。インジェクターごとごっそりと取り外します。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換こんな感じで取り外しができました。インジェクターはパイプに刺さっているだけなので、1本ずつ抜いていきます。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換インジェクターを見ても特にパッキンの劣化はないですし、カプラーの劣化も特に確認できません。綺麗な状態です。S2000インジェクター交換見た目だけなら特に交換する必要もないくらいですね。(後でご説明しますが、試乗したら明らかにレスポンスは変わりました)

フューエルデリバリーパイプを綺麗にして新品のインジェクターを取り付けていきます。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換パッキンにオイルを少し塗ってはめ込んでいきます。S2000インジェクター交換あとは車体に戻すだけですが、4本均一に挿入していくことがポイントで、どこか一つだけが偏っていてはそこからガソリンが出て来るのでかなり危険です。しっかりと丁寧に挿入していきます。パッキンが新品なのでスルッとは入りません。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換カプラーやパイプ類を戻してインジェクター交換の作業は終了です。S2000インジェクター交換S2000インジェクター交換はまるとほぼ何も見えませんがリフレッシュされました。この後燃料をインジェクターまで送ってあげる儀式を行って、ガソリン漏れがないかのチェックをしてからエンジンを始動しました。

試乗してみたら明らかにアクセルレスポンスが良くなっていました。前回の燃料ポンプのリフレッシュと合わせて見た目ではわからない劣化が解消されたのでしょう。インジェクターは経年劣化によって燃料の噴射が綺麗にでなくなってきます。もちろん目視で確認することは不可能ですね。専用のインジェクター噴射テスターなどがないとわかりません。なので、本体が綺麗でトラブルがでなくても10万kmくらいでリフレッシュするといいですね。以上でS2000のインエジェクター交換の作業は終了です。
動画でも撮影しているので詳しくは動画にてご覧ください。

S2000の買取相場はこちら

S2000の中古車一覧はこちら

S2000中古車一覧

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-568-1388 FAX:042-568-1389
contact@hm-r.co.jp
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原11-5

関連記事一覧

  1. S2000 AP1 AP2 モニター取付 ナビ取付
  2. シビックタイプR EK9 スプールバルブ カムシャフトエンドキャップ ガスケット 交換 オイル滲み オイル漏
  3. S2000(AP1) ヘッドカバーパッキン交換
  4. アコードユーロR(CL7)一般整備作業
PAGE TOP