低走行なシビック タイプRの納車前整備を行いました。

HMR HONDA(エイチエムアール ホンダ)のヤナギダです。今回、走行距離が1.8万キロとかなりの低走行なシビック タイプR(FD2)の納車前整備を行いました。なかなかこの走行距離の車両は珍しく、状態もかなり良好でした。タイプRはどんどん値段が上がっていくので、買うなら今のうちですね。。。作業はメカニックのモリヤマです。

シビック タイプR(FD2)納車前点検整備

エンジンルームの点検を行います。エアインテークホースも劣化はなく問題ありませんでした。劣化してしまうとインテークホースに亀裂が入ってしまい、そこから異物を吸い込んでしまう可能性があるので注意が必要です。
エアフィルターは汚れはなく問題ありませんでした。エアフィルターが劣化してしまうと、吸気効率が悪くなってしまいエンジンの調子が悪くなってしまいます。スパークプラグは端子の劣化はなく、焼け具合も問題なしですね。スパークプラグが劣化してしまうとエンジンパフォーマンスを最大限に発揮できなくなってしまいます。エンジンの調子を維持するためにも定期的にチェックしたいですね。ラジエーターホースは劣化などなく問題ありませんでした。水温計が装着されている車両は、センサー部分から漏れてしまうこともありますので要チェックです。エンジンヘッドカバー、スプールバルブからのオイル漏れはなく問題ありませんでした。VTECエンジンはスプールバルブからのオイル漏れが定番症状なので、定期的にチェックしたいですね。補機ベルトは劣化などなく問題ありませんね。補機ベルトが切れてしまうと、バッテリーの充電をしているオルタネーターが機能しなくなってしまったり、その他の補機類の機能が停止してしまいます。続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは茶色く汚れていたので交換時期でした。調子を維持するためにも、3000キロ前後での交換をおススメしています。トランスミッションオイルは少し劣化していました。オイル量が少ないトランスミッションオイル、デフオイルは気にかけてあげたい箇所です。トランスミッションオイルを注入します。当店ではホンダ純正のトランスミッションオイルを使用しています。エンジンオイルはワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成オイルなので安心ですね。続いて下廻りの点検作業を行います。ステアリングラックブーツ、ドライブシャフトブーツは破れはなく問題ありませんでした。当店は車検に通らないブーツの破れなどは納車前点検整備の時点で交換させていただきます。続いてブレーキ廻りの点検です。ブレーキパッドは前後6mm残量があり問題なしですね。定期的にチェックをして少なくなっていたら交換をおススメします。ブレーキフルードの交換とエア抜き作業です。ブレーキフルードも他の油脂類と同様劣化してしまいます。1年に1回の交換、最低でも車検毎の交換をおススメします。以上で納車前の点検整備が終了です。T様、この度はご契約ありがとうございました。タイプRの走りを存分に楽しんでください♪

シビックタイプRの買取相場はこちら

シビックタイプRの中古車一覧はこちら

シビックタイプRの中古車一覧

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-568-1388 FAX:042-568-1389
contact@hm-r.co.jp
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原11-5

関連記事一覧

  1. シビックタイプR(FD2) TEIN車高調取付け
  2. インテグラタイプRセダン(DB8)一般整備作業
  3. S2000(AP2)一般整備作業
  4. アコードユーロR(CL7)ダッシュボード交換
  5. フィットRS(GE8)納車前点検
PAGE TOP