fbpx

メンテナンス/カスタム

86(ZN6)納車前点検整備

SSR18AW D2車高調 Revolutionエキマニ GReddyマフラー TRDエアロ プロコンポジットGTウィング ナビ装備の86(ZN6) 2.0 GTの納車前点検整備を行いました

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)の栗原です。今回はSSR18AW D2車高調 Revolutionエキマニ GReddyマフラーTRDエアロ プロコンポジットGTウィング ナビ装備の86(ZN6) 2.0 GTの納車前点検整備を行いました。作業担当メカニックはワタナベです。

86(ZN6)の納車前点検

まずエンジンルーム周りをチェックしていきます。86(ZN6)納車前点検整備バッテリーの健全性をチェックしていきます。テスターで確認したところ健全性に問題ありませんでした。バッテリーの交換時期は、使用状況にもよりますが3〜5年が目安とされています。定期的な点検をおススメいたします。 86(ZN6)納車前点検整備真夏になると電力の使用量が増えてバッテリー上がりが多くなります。エアコンの風量を調整したり、マメにエンジンを掛けて充電したり、カー用品店などで購入できる充電器を用意しておくといいでしょう。 86(ZN6)納車前点検整備インテークパイプのチェックを行いました。亀裂や破損などは無く良好な状態です。もし亀裂や破損が起きるとエアクリーナーを通さない空気がエンジンに送り込まれてしまいエンジン不調の原因となりますので、定期的な点検をおススメいたします。 86(ZN6)納車前点検整備次にエアクリーナーのチェックに移っていきます。汚れもなく問題ありませんでした。外から取り込んだ空気の汚れ(チリや枯れ葉などのゴミ)を受け止めて、きれいな空気をエンジンに送っていきます。汚れを溜めたまま使用をし続けると、吸気抵抗となりエンジン性能をフルに発揮できなくなってしまいます。  86(ZN6)納車前点検整備エンジン内部を冷却するクーラント液が通るラジエターホースに亀裂やクーラント漏れはありませんでした。経年劣化してくるとホースの柔軟性がなくなって亀裂などが発生しそこからクーラント漏れが発生する場合があります。定期的な点検をおススメいたします。86(ZN6)納車前点検整備続いて補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタが無いかを点検していきます。問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとバッテリー充電が出来なくなり最悪エンジンが停止する恐れがあります。定期的な点検をおススメいたします。 86(ZN6)納車前点検整備次にプラグのチェックを行いました。イリジウムプラグが装着されています。4本とも特に問題ありませんでした。イグニッションコイルと合わせて交換するとエンジン出力が戻るぐらい86はプラグとコイルが劣化します。10万kmまでにはプラグとコイルの交換おススメいただいております。先端の部分がひどく汚れてしまうとエンジンが掛かりづらくなったり、走行中に失火が起こり故障の原因となります。エンジンが掛かりづらくなるなどの症状が出た場合は当店にご相談ください。 86(ZN6)納車前点検整備続いてリフトアップして足廻りをチェックしていきます。まず最初にタイヤを縦横に揺らしてハブベアリングとボールジョイントのガタがないかチェックを行います。特に問題ありませんでした。走行中に異音やハンドルのガタつきなどを感じた場合は当店へお早めにご相談下さい。 86(ZN6)納車前点検整備リフトアップして下廻りをチェックしていきます。特に目立つようなキズやサビもなくきれいな状態でした。排気系にはRevolutionエキマニ&GReddyマフラーが装着されています。 86(ZN6)納車前点検整備写真ではわかりにくいですが、マフラーのタイコ(消音器)前にあるリアデフのブッシュの内部にはオイルが封入されており、振動を吸収しています。しかし、このブッシュが劣化するとヒビ割れからオイル漏れを引き起こしてしまいます。86/BRZではポピュラーな劣化箇所なので下を覗き込んだ時にオイル跡やそれらしき跡が見られたら点検することをおススメします。 86(ZN6)納車前点検整備デフマウントブッシュをチェックしました。CUSCO製のものが圧入されています。右側小さなヒビが入っていました。86(ZN6)納車前点検整備ブレーキ廻りの点検をしていきます。まずブレーキキャリパーシールの状態やキャリパーピストンを確認していきます。特に問題ありませんでした。  86(ZN6)納車前点検整備キャリパーシールが劣化することでピストン内に水分が侵入することでサビが発生します。それをそのまま放置しているとキャリパーの動きを阻害されてしまい、ブレーキの引きずり症状や固着を引き起こしてしまう可能性があります。 86(ZN6)納車前点検整備ブレーキパッドの残量をチェックしていきます。フロント・リアともに8mmでした。 まだまだ交換しなくても大丈夫ですね。 86(ZN6)納車前点検整備 86(ZN6)納車前点検整備ブレーキロータもチェックしましたが、特に問題ありませんでした。 86(ZN6)納車前点検整備足廻りなどのブッシュ・ブーツをチェックしていきます。ブッシュ・ブーツにヒビが入ってしまいそのままにしておくとそこからグリスが漏れ出したり、異物が侵入して足廻りの機能に支障をきたすだけではなく、車検を通過できなくなってしまいます。またそれ以外にもダンパーのオイル漏れがないかを点検していきます。 86(ZN6)納車前点検整備 86(ZN6)納車前点検整備

86(ZN6)の油脂類交換

8&B HMRでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッション(MTのみ)、デフオイルを新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていれば納車して直ぐに楽しいドライブに行くことも出来ますね。まずはエンジンオイルから交換していきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑・清掃および冷却をおこないます。定期的な交換を行わず走り続けると燃費悪化やパワーダウンからのエンジン不調などの重大な故障に繋がります。使用状況によりますが半年または5,000kmでの交換をおススメいたします。86(ZN6)納車前点検整備オイルフィルターも交換していきます。交換のタイミングはオイル交換2回ごとが目安です。86(ZN6)納車前点検整備ミッションオイルも抜いていきます。ミッションオイルが劣化していくとギアの入りが悪くなったり、最悪ミッションのギアを痛めてしまいミッションブローに繋がります。定期的な点検と早めの交換をおススメします。  86(ZN6)納車前点検整備リアデフオイルも抜いていきます。 86(ZN6)納車前点検整備デフオイルはWAKO’S ギアオイルMT-75 75W-90を入れていきます。 86(ZN6)納車前点検整備ミッションオイルはWAKO’S ギアオイルMT-75 75W-90を入れていきます。 86(ZN6)納車前点検整備新しいエンジンオイルはWAKO’S プロステージS 0W-30 100%化学合成油を使用します。 86(ZN6)納車前点検整備ブレーキフルードを交換して同時にエア抜きを行います。ブレーキフルードはDOT4を使用しています。こちらは使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。 86(ZN6)納車前点検整備タイヤ溝の残量をチェックしていきました。フロント・リアともに6mmでした。 86(ZN6)納車前点検整備 各タイヤの空気圧チェックをしています。タイヤのエアはゆっくり少しずつ抜けていきます。ガソリンスタンドで簡単に入れられますので1ヶ月に1度のチェックをおススメいたします。 86(ZN6)納車前点検整備スマートキーの電池を交換させていただきました。 86(ZN6)納車前点検整備車内のエアコンフィルターを取り外して確認しましたが汚れていたので新しい物に交換しました。汚れがたまると車内の不快な匂いの原因に繋がったり、更に汚れが溜まっていくとエアコンの効きにも悪影響があります。 86(ZN6)納車前点検整備作業は以上となります。K様、この度は86(ZN6)ご契約いただきありがとうございました。現代のFRスポーツの走りを存分に楽しんでください。

 

関連記事一覧